© Mikhail & Mihoko Kandinsky

Profile English

 

ミハイル・カンディンスキー (ピアノ)

Mikhail Kandinsky, Piano

 

“高潔にして精神的、輝くばかりの妙技”  A.ネフスキー:2000ロシア新聞

“若き日のホロヴィッツを思った ー 彼にも「何か」がある"  吉田秀和氏:2002朝日新聞

1973年モスクワ生まれ。1991年グネーシン音楽学校在学中ロシアオーケストラとプロコフィエフのピアノ協奏曲第1番を共演しデビュー。モスクワ音楽院に進み名誉を得て首席卒業。その後全額給費生として渡英、英国王立音楽院大学院修了。ウィンゲート賞受賞。更にロシア・グネーシン記念音楽院大学院にて研鑽を積む。これまでにM.シャリコヴァ、E.ヴィルサラーゼ、H.ミルン、W.トロップの各氏に師事。

 

特にラフマニノフを中心とするロシア音楽では「多くの音楽家たちが今日聴くことのできる最高峰として受け止めるであろう」と本国ロシアから高く評価され、モスクワ・ラジオ放送録音の「ラフマニノフ24のプレリュード」は今なおモスクワに放送されている。音楽祭ではカーガン記念国際音楽祭(ドイツ)、メトネル記念音楽祭(ロシア)、オルガン・プラス音楽祭、セント・マリーズ音楽祭(イギリス)等にしばしば客演。2000年に初来日、2012年より川崎市に在住。ザ・フェニックスホール、日経ホール等にてリサイタル、ウィーン・フィルやN響のメンバー、アナスタシアとの共演等活躍。録音ではソロ・アルバムを7枚リリース、いずれも好評を得ている。

 

現在、上野学園音楽大学客員教授、洗足学園音楽大学・同大学院講師、東京ピアノコンクール、ショパンコンクール in Asiaの各審査員を務める。趣味は自然散策、薪能鑑賞、書道、チェス。大画家W.カンディンスキーの家系にあたる。

レパートリー

一覧

PTNA

​登録音源一覧